悩んでる女には押しが必要

フィニッシュ
とりまスペック

俺♂24髪型だけジャニーズで目パッチリw

相手23ぐらいのOLでセミロングにした夏川純写メなし、ドM。

U25セフレ掲示板で相手がエロ系投稿、即日アポ取り。

車で30分ぐらいのとこが集合場所。

写メなしで会うのは久々だから期待と不安がいつもより大きい。

だがこれがいいのねw先に俺がついて待機中。

10分ほどして着いたよメールが来た。

俺の車種を言うと相手はわかったけど俺はわからない。

車から降りてきてといわれ、ドキドキの中、見事光り輝く夏川純発見。

見た瞬間、俺フリーズ・・。

小柄でお姉系のいい女。

ミニスカフェチの俺をわかってくれたのねwとりあえず車に乗せ、軽く雑談。

こっちが緊張しちゃってラブホ行こうと言えない(ヘタレ・・)

ドライブでもしよう~と話しになったのでラブホ付近目掛けて発進。

30分ぐらい走り車を止め、エロ系の話しを振っていく。

ここで火?がついたのか、俺も夏純もちょいのってきた。

で、いざ「じゃあホテル行こうか?」と誘うも「どうしようかな・・」って。

以前、聞いた事がある。

悩んでる女には押しが必要とw

それを思い出して、ガツガツしないよう誘ってると「じゃあ行こっか」キタァ。

ホテル到着。

この時点でまだ手も触れていない。

まだ緊張しちゃって(汗)しかしこれではいかんと思い、一緒にお風呂入ろうと誘ってみるも夏純に「一人がいいなあ・・」と言われ、別々に入る。

俺が後で入ってあがるとバスタオル一枚の夏純がベッドに横たわってる。

電気を暗くして、さあ開始!!

ディープキス好きの俺はキスさえはまればお互い乱れてくるはず、と、いつもの作戦に持ち込むが夏純が消極的・・軽くチュウーだけにとどまった。

気を取り直して、責めていく。

夏純は舐められるのが好きとメールでも言ってたのでまず脇から攻めていく。

両脇を丹念に舐め続け、二の腕、肘、手の指と変態のように舐めた。

夏純も全然、嫌がってる様子はない。

ここまで舐めるのは初めてですわw

こうなったら俺も調子に乗って、バスタオルをとり夏純の裸体を拝見。

胸はBカップぐらいでかなりのロリ体系。

軽く揉みつつ、次はお腹、太もも、膝、足の指までもキチガイのように舐め回した。

だんだん夏純も息が荒くなってきて、バックの体勢にさせて背中、わき腹、お尻と俺はもうお腹いっぱいだわw

そして30分以上かけて舐めてたらちょっと疲れてきたので、やべえなと思いつつ胸&マ○コを同時責め。

夏純も自分から腰を動かしてクネクネw

そろそろ挿入しようとクンニしながらゴムとりながら、つけながらいざ合体(・∀・)

まずは正常位で、もちおっぱい舐めながら、耳も舐め、時折軽くチュ。

二人でハァハァ言いながら、抱き合い腰を高速化。

次に対面座位にもっていき、突っつきあい。

やっぱりこの光景イイヨーと脳に焼き付けながら激しく突いた。

さすがに腰と足が痛くなってきたので、いったん抜いて、また体を舐めた。

俺は太ももとその裏が好きなので本能のまま舐めたw

腰が回復してきたので挿入。

両足を大きく広げさせて、奥まで奥まで俺の息子は攻撃夏純の喘ぎ声が部屋に響き渡り、俺も大興奮。

立ちバックしたかったけど、立てないと言うので、斜め正常位のまま普通のバックに体位変更。

小さい体とプリプリのお尻がやけに興奮して、もう俺は絶頂付近・・夏純の腰がだんだんさがってきて「気持ちいぃ・・もう無理・・」と雄叫びあげるので最後は寝バックの体勢になり、ようやくフィニッシュ!!

「なんか、変なとこまで舐めてごめんね」と謝ると「ううん。気持ちよかったよ」と笑顔で言ってくれて(本当か?w)

俺、幸せw

ありがとう。

なんでU25セフレ掲示板なんかしたの?!またHしたいなあ。。。

話題の即アポが出来るセフレ掲示板

癒し妻新空間
人妻が持つ包容力で癒されてみませんか?当サイトには、男性との出会いを求めている人妻の方が多数参加しています。皆さん、いつもとは違った刺激的な時間を求めておられます。
熟妻新生活
結婚してるし…おばさんだけど夫以外の男性と触れ合いたい!熟した女性が好きだ!そんな皆さんは、是非当サイトで素敵な出会いを見つけてください。
即アポ掲示板
普段から暇を持て余してる女性や、旦那とのセックスレスで欲求不満な人妻など、出会いたい女性を検索し短時間で探し出す事ができます。

即会い希望ならテレクラ一択
スイートコール
ミセスアイ
マックス
ハニーライン
ハニーライン

セフレ掲示板でチマチマメールなんてヤってられない!今スグ即アポ希望ならテレクラがオススメです。初回登録時!ラッキーコードを入力すると無料お試し通話が利用できます。テレクラならではの即効性をお楽しみ下さい。


トップへ戻る