睡眠薬で眠らせて中出しw

≫「体験談はいらない、連絡できるセフレ候補を見たい」ならこちら≪

胸最高
神アポランドで仲良くなった17歳かな。

高校中退してフリーター。

えっちな内容も途中から含めて、Dカップ、ドMと知ることができた。

途中から直接LINEするようになり、写メ交換するとヤンキーっぽいが可愛い。

するとある日、講義が終わり携帯をみると、家出をした。

いきなりだったから行く宛がないからうちに来ることになった。

近くの駅まで迎いにいくと、写メ通りのかながいた。

軽くあいさつしたあと、ごはんを食べにファミレスへ。

その間意外にも会話は途切れることはなかった。

見た目とは違い、言葉使いもしっかりしてる。

食べ終わったあとうちにきた。

テレビみながら談笑していると目が合い、微妙な空気が流れたあとキスをした。

かなもそれに答えてくれて舌を絡めてきたから、かなを押し倒し胸を揉んだ。

かなの服を脱がすと、ピンクのブラとパンツ。

裸にしたあと、胸にしゃぶりつきながらマンを触ると、すでに濡れていたから

俺「もう濡れてるじゃん。エロいね~」
かな「だって・・」

俺「だって何?もしかして俺としたかったの?」
かな「写メみたときから、かっこいいなぁって思ってて、メールで優しいけど、えっちな会話のときはドSだから、会ったときどういうふうにされるんだろうって思ってたから」

俺「へぇ、想像してたからこんなに今濡れてるんだぁ」

そのまま優しい手マンをしてあげてから指を2本にした激しい手マンで2回ほどいかせてあげた。

かな「そろそろ入れて」
俺「先に舐めろよ」

かな「はい」
俺「奥までくわえろ。玉も舐めろよ」

言われた通り素直に舐めてくれるから、イマラチオもして苦しませたあと

俺「入れさせてやるから、のれよ」
かな「はい」

騎乗位で生のまま入れさせた。

俺「締まりいいじゃん。腰ふれよ」
かな「はい」

俺「どうだ?気持ちいいか?」
かな「俺くんの太くて気持ちいいです」

騎乗位で散々腰をふらせていると、またいったから、正常位、バックにして

俺「かなのマンコ気持ちいいぞ」
かな「俺くんのおちんちん、気持ちいいです」

俺「そんなに気持ちいいなら、俺の女になれよ。好きなだけ気持ちよくさせてやるぞ」
かな「はい。俺くんの女になります。たくさん気持ちよくさせてください」

俺「なら今回は俺の女になった記念に中だしするぞ」
かな「はい。出してください。かなの中に全部出してください」

俺「よし。いくぞ」

で、中だしした。

と同時にかなもいって、お尻をつきだしたまま倒れ込んだ。

出しきったあと、お掃除ふぇらをさせてお風呂入った。

お風呂から出たあと、また一発中に出してから二人で寝た。

起きたあと、寝てるかなにまた入れて中だし。

またお風呂に入って、朝ごはんを食べたあと講義もない日だったから、デートした。

5日くらいかなはうちに泊まり、その間毎日最低2回はして全部中だし。

趣味のハメ撮りや野外エッチも楽しみ、親に連絡を入れさせ、仲直りさせて家に帰らせた。

それからもデートやエッチもたくさんした。

かなと付き合い、しばらくしたある日、友達に紹介したいと言われたから快く了承した。

友達は学校に通ってるから、学校が終わったあとに会った。

3人来た。しかもみんな学校終わりだったから、制服。

ファミレスに入り、自己紹介したあと、雑談。

しかもなぜかわからないけど、みんなでうちに流れた。

かなの友達は可愛かった。ギャルだけど。

うちで楽しく会話していると、なぜこうなるのかわからないが、次の日から三連休だったから、みんな泊まることになった。

とりあえず家に連絡をいれるようにさせたが、みんな親からOKが出た。

もちろんかなも。

で、お酒を飲むことになったから、かなと一緒にコンビニへ。

お酒やつまみを買って戻ったあと飲み会開始。

酔ってくると、スカートと忘れてるのかパンチラしまくり。

下ネタもバンバン出る。

あとすこしで酔いつぶれるかなぁって思ったとき、悪友からもらった睡眠薬があるのを思いだし、酒を作るときにみんなのグラスに入れてみた。

すると、しばらくするとみんな寝ちゃった。

もちろんかなも。

みんなちゃんと寝てるか確認したあと、パンツチェック&撮影。

まずはゆりちゃん。

細身だけどEカップ。

パンツは赤のTバック。

次はあやかちゃん。

ちょっとぽっちゃりでGカップ。

パンツはピンクのシルク。

三番目はよしえちゃん。

普通体型でBカップ。

パンツは紫の紐パン。

最後はかな。

今日はミニスカートだったから、みんなと同じように、チェック。

パンツは黒の紐パン。

みんなシャツのボタンをはずしたら、ブラもパンツとお揃い。

一通り撮影を済ましたあと、みんなを運んで4人並ばして撮影。

ブラも上にずらして生乳揉み、しゃぶりつき放題。

もちろん撮影もしてキスもした。

そして、みんなの口にチンチンを入れて遊んだあと、ゆりちゃんとあやかちゃんにはパイズリ。

さらにベットにうつ伏せ、膝を床につかせてお尻をつき出させた状態でスカートを捲りあげ、パンツを下げマンチェック。

ゆりちゃんはなんとパイパン。

赤のTバックだったのもあり、興奮した。

みんなに優しく手マンしてあげ濡れさせたあと、ゆりちゃんから入れてあげた。

締まりはまぁまぁだったから次はよしえちゃん。

締まりは最高。

ギューギュー。

あやかちゃんはまぁ普通かなと。

かなはいつも通り。

しばらく順番で楽しみながら撮影をした後、よしえちゃんに中だししちゃった。

で、ゆりちゃんの口できれいにしたあと、みんなの服装を元通りにして、適当に寝かせた。

で、俺も眠かったからた電気消して寝たんだけど、夜中に誰か起きてトイレに行った。

あやかちゃんだ。

鍵がかかった音はしなかったから、偶然のようにドアを開けて演技した。

あやか「あっ、俺さん」あやかはオシッコをしていた。

俺「あっ、ごめん」
あやか「いや、私が鍵かけてなかったから。でも、恥ずかしいので出てもらえますか?」

ちょ~恥ずかそうに言ってきたから

俺「あっ、そうだよね。閉めるね」

と、言って中に入って鍵をかけた。

あやか「えっ?」

びっくりしてるあやかちゃんにいきなりキスすると

あやか「ダメです。俺さんはかなの彼氏なんですから」

って、言ってきたが

俺「今日はじめて会ったときからあやかちゃん可愛いと思ってた。チャンスは今しかないんだよ」

キスしながら胸を揉んでいると

あやか「ダメです。ダメ」

と言いながらも抵抗はしてこなかったから、シャツから胸を出して、ブラをはずしたあと

俺「この胸。最初みたときからしゃぶりつきたかったんだよ」

そのままマンを触ると

俺「しっかり興奮してるんじゃん。こんなえっちな音まで出して、濡らしてさ」

手マンしながらわざと出さした。

あやか「俺さん、ダメ、いっちゃう」
俺「いっちゃえよ、友達の彼氏の指でいっちゃえよ」

あやか「それは言わないで。ダメ、いく」

あやかはいった。

俺「ほら舐めろ」
あやか「それは・・」

俺「早くしないとみんな起こすぞ」
あやか「わかりました」

はじめから奥まてしっかりくわえてきた。

けっこうき持ちよく、堪能したあと

俺「パイズリして」
あやか「は、はい」

俺「あやかちゃんの胸最高だね。気持ちいいよ」

しばらくパイズリしてもらったあと

俺「よし、いれるぞ」
あやか「それはさすがにダメですよ」

俺「いいから、足広げろ」
あやか「わかりました。でも、ゴム付けてください」

俺「あるわけないだろ。ほらいれるぞ。よし、入ったぞ」

激しくすると、便座の音がするからゆっくり動いた。

途中から

俺「立って、ケツつきだせ」

立ちバックに変更して激しくしてやると

あやか「俺さんの気持ちいいです。かなが毎日言ってて羨ましかった」
俺「ならあやかは今日から俺の女になるか?もちろんみんなには内緒で」

あやか「なります。俺さんの女にさせてください」
俺「よし、じゃあ今日は記念に中に出すからな」

あやか「今日だけですよ。今日だけは出してください」
俺「いくぞ」

そのままあやかに中だしした。

あやかを便座に座らせ、お掃除ふぇらさせたあと

俺「じゃあ先に戻ってるからな」
あやか「はい。私もすこししたら戻ります」

先に戻って、すこししてからあやかは戻ってきたから、アドレスを渡して、寝た。

朝起きたあと、シャワーを浴びに風呂場へ。

すると、かなが入ってきた。

二人でイチャイチャしながらシャワーを浴びた。

出るとみんなまだ寝てたから、全員分の朝ごはんを作ってる間にかなはみんなを起こしてあげてた。

みんなまだボーとしているようだったけど、よしえちゃんだけ微妙に挙動がおかしかった。

きっと、俺の精子があることに気づいたんだなぁってわかったけど、何も知らないふりして、朝ごはんを提供した。

食べ終わったあと、順番にシャワーを浴びせさせた。

コラムじゃない!セフレ掲示板でセフレを探したいんだ!・・・というあなたへ。

セフレ掲示板だと思ってこのページに来ましたよね?単にコラムだけでは、あなたの願望は満たせませんよね?
そこで、セフレ募集中に間違いないだろう女性を、(許可を得られたもののみ)大手出会い系サイトから抜粋して掲載可能になりました。

画像かコメントをクリックするとプロフィールページへ飛びます。そして直接メールできます!やり取りは大手出会い系サイト経由になりますが、登録も月額も無料ですので、気になる女性がいたらアプローチしてみてはどうでしょうか。
メール数が増えると課金の必要があります。

更新日:2019/08/25

みみさん
  • 名前:みみさん
  • 年齢:26歳
  • 身長:156~160
  • 体型:スリム
  • 性格:清楚系
  • 職業:OL・事務
  • コメント:登録したばかりだけど…お金はあまり使いたくないかな(汗)
お試しボタンPC
お試しボタンsp
有紀子さん
  • 名前:有紀子さん
  • 年齢:30歳
  • 身長:156~160
  • 体型:標準
  • 性格:清楚系
  • 職業:公務員
  • コメント:正直な所…結婚で一度失敗しているので、重たい付き合いではなく遊んだり、食事行ったり、相手の方が良かったら体の癒しも考えて・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
ありすさん
  • 名前:ありすさん
  • 年齢:26歳
  • 身長:156~160
  • 体型:標準
  • 性格:未選択
  • 職業:美容関係
  • コメント:今日も欲求不満でチャットガールしちゃう予定だょヾ(´ε`*)ゝ♪我こそ自他共に認める○○である!(〃∇〃)初めて会う人にも面白い・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
万葉さん
  • 名前:万葉さん
  • 年齢:32歳
  • 身長:161~165
  • 体型:標準
  • 性格:お色気系
  • 職業:専門職
  • コメント:昔からずっと秘書に憧れていてやりたくてやっている仕事だから幸せだけど、時々ふと女としての悦びと癒しが欲しくなります。た・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
りんこさん
  • 名前:りんこさん
  • 年齢:29歳
  • 身長:156~160
  • 体型:標準
  • 性格:清楚系
  • 職業:専門職
  • コメント:これはコンプレックスを解消するための戦いなのです(`・ω・´)!この壁を乗り越えるために協力してくれる人いませんか?ちなみ・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
HIMARIさん
  • 名前:HIMARIさん
  • 年齢:26歳
  • 身長:151~155
  • 体型:小柄
  • 性格:幼い系
  • 職業:美容関係
  • コメント:体にコンプレックスがあるんですけど、これのせいであんまり積極的にアプローチ出来ないです…(-_-;)コンプレックスなんて気にし・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
すぐ濡れる><さん
  • 名前:すぐ濡れる><さん
  • 年齢:22歳
  • 身長:151~155
  • 体型:スリム
  • 性格:清楚系
  • 職業:学生
  • コメント:Hが好きで少し前までぶっちゃけると不倫してました。相手の男性の奥さんにバレてその人とは7カ月前に別れました。それから固定・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
莉奈さん
  • 名前:莉奈さん
  • 年齢:24歳
  • 身長:161~165
  • 体型:スリム
  • 性格:清楚系
  • 職業:サービス業
  • コメント:学生とかだったら出会いも沢山あるけど、職場は魅力的な人はいないし、お客さんでいいなぁって思う人がいても彼女と一緒だった・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
みゆきさん
  • 名前:みゆきさん
  • 年齢:20歳
  • 身長:156~160
  • 体型:標準
  • 性格:小悪魔系
  • 職業:学生
  • コメント:寂しすぎてツライ(>_<)ぎゅーって抱き合ったりまったり出来る人いないかな?頭ナデナデされたい症候群発病中!(笑)
お試しボタンPC
お試しボタンsp
CLARINSさん
  • 名前:CLARINSさん
  • 年齢:38歳
  • 身長:151~155
  • 体型:標準
  • 性格:清楚系
  • 職業:専門職
  • コメント:CLARINSの掲示板を見て下さってありがとうございます(^^)♪職業はエステシャン、年齢はもうすぐ39歳の四十路前…既婚の身です(^・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
ヒメカさん
  • 名前:ヒメカさん
  • 年齢:21歳
  • 身長:151~155
  • 体型:スリム
  • 性格:癒し系
  • 職業:学生
  • コメント:やっぱり男の人って、女性の胸ばかり見てますよね…。なので自信がなくて。服装は胸が大きく見えるようなタイプとか、パッドとか・・・
お試しボタンPC
お試しボタンsp
ai...さん
  • 名前:ai...さん
  • 年齢:20歳
  • 身長:151~155
  • 体型:標準
  • 性格:癒し系
  • 職業:フリーター
  • コメント:ダケド正直物足りない!住みが離れててバレない人ボシュゥチゥ(*・ω・*)
お試しボタンPC
お試しボタンsp

更新日:2019/08/25

トップへ戻る