初体験の思い出-2

ボクの目の前で2人はベットサイドに腰をかけ、肩を寄せ合いDキスを交わしました。

Sさんは唇を重ねつつも手では奥さんのバスタオルを剥いでゆきました。

小ぶりな乳房が露になると、すぐさまSさんの手がそれを覆いました。

さらに、Sさんは奥さんの手を股間に導き、ペニスを握らせて楽しんでいました。

そして、2人はベットの中央に移り69の体勢になりました。

Sさんが下になり、その上に奥さんが覆いかぶさる瞬間・・目の前には奥さんの恥部が露になりました。

女性の裸を見るのは初めてではありませんでしたが、この時のスレンダーで美しい奥さんの裸体はストリップのような見せることを前提とした裸とは違い、艶かしく興奮させられました。

Sさんの指先が奥さんの体を撫でるたびにもれる奥さんの声。

互いの生殖器を舐めあったり、手で刺激しあったりとAVの比ではないくらいの艶かしい世界が広がっていました。

そして、先ほどまで見ず知らずの人たちが目の前で生まれたままの姿になり、興奮した姿を晒しながら求め合ってる姿はまさに「非日常」そのものでした。

そしてボクはその「非日常」の光景を夢中でカメラに収めていました。

しばらくSさんと奥さんは絡み合っていましたが、Sさんが緊張のためか起つことが出来ずに挿入には至りませんでした。

そこで、旦那さんがボクに耳打ちして「約束どおりカミさんのおっぱいを揉んでもいいよ」と薦めてくれました。

ベットに横たわる奥さんの横に寝そべり後ろから抱きしめるように奥様の乳房に手を添えました。

そして、そっと小ぶりなバストを揉み始めました。

小ぶりながらもとてもやわらかいバストに感動し、僕は夢中で奥さんの乳房を揉みまくりました。

さらに脇でこの様子を見ていたSさんも奥さんの恥部を愛撫し始め、奥さんも声を漏らし始めました。

僕は奥さんに体を密着させ奥さんの乳房、硬くなった乳首を堪能していました。

当然体を密着させたので、僕の固くなった部分が奥さんの柔らかなヒップに当たっており、それに気づいた奥さんはボクのバスタオルを剥ぎ取ろうとしてきました。

当時、銭湯などでペニスをさらすのも恥ずかしかったのに勃起したものを晒すのはさらに恥ずかしく抵抗しましたが、あっけなくバスタオルを剥ぎ取られギンギンに起ったペニスを露出されました。

奥さん、そして2人の男性の視線が僕のペニスに注がれる中、奥さんは指先でペニスを包み込み摩る様に刺激を開始しました。

お互い全裸になって抱きあうのも初めての経験ならば、女性にペニスをしごかれる初めての体験、さらには勃起したペニスを人前に晒す羞恥心・・あまりの気持ちよさに「あっ、イク・・」という言葉と共に、あっという間に射精してしまい、奥さんの手の中に大量の精液を放出してしまいました。

奥さんは突然の射精にびっくりしていたようです。

そして、僕は奥さんの手を精液で汚してしまった申し訳なさ、人前で射精まで見られてしまった恥ずかしさで、俯いていましたが、旦那さんが「汚れたちんちん洗っておいでよ」と言ってくれたので、逃げるようにバスルームへと向かいました。

シャワーを浴びて、ヌルヌルになったペニスを洗っていると恥ずかしさと共に興奮も高まっている自分に気がつきました。

再び部屋に戻るころには私のペニスは再び天を仰ぐほどに反り返っていました。

それを見るなり旦那さんは「ケンくん射精したばかりなのに元気だね~」とにやりと笑い、そして奥さんに「ケンくんSEXした事ないから教えてあげれば?」と持ちかけました。

それに対して奥さんは「初めてなのに私なんかが相手でいいの?」と聞いてきました。

僕は軽く悩みました。

この期に及んで、やっぱり普通のSEXで初体験したいとの思いがあったのです。

が、目の前に裸の女性がいる状況で断るなんて理性はなくなり「お願いします」と伝えました。

とにかくSEXを体験したい。

童貞を捨てたい。

その一心からの言葉でした。

皆が見守る中、再びベットに上がり、先ほどと同じように奥さんの乳房を揉みしだいていると、奥さんから「ゴムをつけてあげる」と言い僕は上半身を起こし、ベットの上に足を投げ出しペニスをさらけ出しました。

奥さんは口にコンドームを咥えると勃起しているボクのペニスにするりと口でコンドームをはめ、そのままフェラチオをしてくれました。

目の前には、四つん這いになってボクの股間に顔を埋める奥さん。

そしてその姿をカメラに納める旦那さん、さらに奥さんのヒップを撫で回すSさん。

僕にとっては不思議な光景でしたが、奥さんはそんな事は気にも留めず一心不乱に僕のペニスにしゃぶりつき、いやらしい音を立てながら舌をペニスに絡ませ僕の股間に顔を埋めていました。

このときのフェラは最高でこれ以上気持ちのよいフェラをされたことはありません。

これ以上ないほどにギンギンになったペニスを確かめると、僕を誘い入れるように奥さんは足を開き恥部をさらけ出しました。

僕はどうしてよいのか分からず、とりあえず指を恥部へと這わせました。

クリトリスの位置も分かりませんでしたが、とにかくぎこちない愛撫をしては奥さんの恥部を覗き込みました。

程よい量の陰毛に覆われた肉ひだを開いてみると中は驚くほど美しいピンク色をしていました。

しばらく奥さんの恥部を眺めていると(正確には女性器が濡れているのかどうなのかわからず迷っていた)旦那さんが「もう入れても平気だよ」と耳打ちしてくれました。

緊張しつつ僕は上体を起こして、開かれた奥さんの足の付け根に自分の股間を寄せました。

そしてペニスの根本を右手で握りつつ先を奥さんのクレパスにあてがい、入り口を探しました。

事前にエロ本で読んでいた「初めてのSEXの仕方」を参考にクレパスに沿ってペニスを肛門の方へと這わせていくと、僅かに窪んだ入り口と思しき部分を見つけ、私はゆっくりと腰を沈めました。

話題の即アポが出来るセフレ掲示板

人妻スイートコミュニティ
人妻スイートコミュニティは、既婚女性や熟女など大人の魅力的な女性と無料で出会える掲示板サイト!誰でも安心して利用できる人妻専用の掲示板!いつでもリアルタイムの最新投稿を表示しています。
熟妻新生活
結婚してるし…おばさんだけど夫以外の男性と触れ合いたい!熟した女性が好きだ!そんな皆さんは、是非当サイトで素敵な出会いを見つけてください。
暇アポLINE掲示板
イマヒマ暇アポLINE掲示板は、暇な時間を過ごしている男女の方が気軽に交流を楽しめるアポ専用掲示板ですので気軽にご利用下さい。

即会い希望ならテレクラ一択
スイートコール
ミセスアイ
マックス
ハニーライン
ハニーライン

セフレ掲示板でチマチマメールなんてヤってられない!今スグ即アポ希望ならテレクラがオススメです。初回登録時!ラッキーコードを入力すると無料お試し通話が利用できます。テレクラならではの即効性をお楽しみ下さい。


トップへ戻る