変態マゾ女を調教-1

奴隷は淫乱とかではなく、真性のマゾだった。

熟女ジュクラータで知り合った奴隷は『R』としとく。

メールをしばらくして、Rの隠してた趣味が明らかになった。

それはRV鑑賞・・しかも内容はハード系のSMモノ。

鞭打ち、緊縛、アナル、異物挿入、二穴責め、首絞め、イラマチオやクリッピングなどなど。

そして、もう一つの趣味それは自縛。

小学生の頃から、よく理解もせずにやってたらしい。

ただそれは、これまで付き合ってきた彼氏にも言わずに秘密にしていたらしい。

相手がみんな知識に乏しい淡白な人ばかりだったから、理解されないと思ったようだ。

事実、絶頂やクリトリスの場所さえわかってなかった元カレたちとR。

Rは週に2~3回のペースで、自縛しては犯される想像をしてオナってたらしい。

そんな話を聞きつつRは、知り合いは毎晩男を引っ掛けてはやりまくってるだの、ナニの大きさや耐久力がどうの、しばらく彼氏がいなくて欲求不満だのと話し始めた。

そして、興奮したのか、『今からオナる』と言い出した。

物は試し、俺はそれに付き合うことにした。

初めのうちは、普通のセックスの流れの妄想をメールしていたけど、ふとコイツはそれじゃ物足りないんじゃね?と思った俺はSMの流れに持っていった。

案の定、興奮しだすR。

頼んでもいないのに、写真を送りつけてきてはエロメールを送ってくる。

冗談で、『アナルにも入れろよ』と言ってみた。

すると、『はい・・・』の返事と共に、二穴に異物を挿入した写真を送ってきた。

見られてる妄想をしながら絶頂に達したようだった。

それからは釣りかと思うくらいの早さでメールでの調教が始まった。

俺を『ご主人』と呼び、自分を『雌犬』『便器』と呼び、言ったことはちゃんとやり、全て写真で送ってくる。

今まで溜め込んできた欲求が爆発して止まらなくなったと、その後聞いた。

話し始めて1週間が経つ頃、『Rは実際に会って調教してくれませんか?』と言ってきた。

(熟女ジュクラータで話し始めて2日目には写メと番号は交換済み)その時には彼女と別れていた俺は迷うことなくそれを了承した。

住んでいる場所が近かったため、会うことは容易だった。

俺の何を気に入ったのか、Rの服従ぶりは半端じゃなかった。

調教の道具は一通り持っていたR。

なのですぐに日取りを決め、会うことになった。

当日会うにあたって、Rにはノーブラノーパン、ワンピースで来させた。

野外調教もして欲しいようだったので。

でも生憎と雨だったので、それはまた後でってことで、さっそくホテルへ。

あ、ホテルに行く前に身体を確認したら、足を伝って垂れるくらい濡らしてた。

ほんとコイツはしょうがない豚だ。

今はもう無くなりつつあるけど、その頃はまだ吊るしたり出来るようなホテルがあったのでそこを選ぶ。

部屋に入り、Rに服を脱ぐよう指示。

そして全裸になったRは土下座し「ご主人様、どうかこの雌犬をお好きなように調教してください、お願いします」とかなんとか言ってきた。

Rは苦痛系で喜ぶマゾなので、頭を踏みつけつつ・・・。

「楽しませろよ?わざわざ調教してやるんだからな」そして髪を掴み顔を見る。

この時点でRはもうトランス状態。

虚ろな目で「何されても抵抗しません、全てに従います」と言った。

実際のところ、調教というより、俺のやりたいことを好き放題するって感じ。

そしてプレイ開始Rを縄で拘束する。

梁に結んだロープで手を上に縛り、さらに開脚するように縛る。

(自己流なのでちゃんとした縛り方は知らない)逃げられないように拘束されることがRは好きだった。

縛り終わると、まずはRの口にギャグボールを付ける。

そして乳首にはクリップ。

このクリップ、その辺に売ってるような普通のクリップなので、幅を調節できないから結構痛い。

片方を挟んだ瞬間、Rは呻き声をあげた。

まぁそんなの関係無いので、もう片方も挟む。

さらに息を荒げ、呻く。

涙を流して体を捻る。

それを見て、何か笑えてきた。

次は、Rに用意させたきゅうりをバッグから取り出す。

Rは挿入されれば何でも喜んだけど、一番喜ぶのは野菜やビンなどの異物を挿入されること。

家畜以下の扱いをされることが好きだった。

もうぐちゅぐちゅに濡らしているRの穴に、いきなり奥まできゅうりを突っ込む。

身体を反り、呻き声をあげて(ギャグボール嵌めた声って表現し辛いな、各自想像して)痙攣しだす。

これだけでイッたようだった。

「おい、勝手にイッてんじゃねーよ」そう言って俺は、乳首のクリップを勢いよく引っ張って外す。

ヨダレ垂らしながら叫ぶようにRは「ごめんなさいごめんなさい」と言っているように聞こえた。

「わかればいいんだよ、雌犬」そしてもう一度クリップを挟む。

今度は片方に二つずつ。

Rはいい声で鳴いてた。

次に、アナルには小さめのスプレー缶を挿入する。

(浣腸はすでに家でやらせ済み)ローションをたっぷりつけ、グリグリとアナルに押し付ける。

ローションもついてるし、自分で開発していただけあって、ほとんど抵抗なく奥まで吸い込まれていく。

入っていくたび「あ゛ー!あ゛ー!」と声を荒げ、ビクビクと震える身体。

そしてどんどん愛液が溢れてくる。

一部はローションだろうけど、それ以上の量のぬめり気のある液体が床に染み渡る。

「なんだ、こんなもん突っ込まれて嬉しいのか?」そう言って2穴の挿入物を激しくピストン。

動かすたびに溢れる愛液。

誰に調教されたわけでもないのに、ここまでされて喜ぶRは、ほんとどうしようもない変態だと思った。

話題の即アポが出来るセフレ掲示板

癒し妻新空間
人妻が持つ包容力で癒されてみませんか?当サイトには、男性との出会いを求めている人妻の方が多数参加しています。皆さん、いつもとは違った刺激的な時間を求めておられます。
50万人の人妻コミュニティー
50万人の人妻コミュニティは、主婦ではなく一人の女として冒険したいと全国各地の人妻が参加している恋愛コミュニティです。
暇アポLINE掲示板
イマヒマ暇アポLINE掲示板は、暇な時間を過ごしている男女の方が気軽に交流を楽しめるアポ専用掲示板ですので気軽にご利用下さい。

即会い希望ならテレクラ一択
スイートコール
ミセスアイ
マックス
ハニーライン
ハニーライン

セフレ掲示板でチマチマメールなんてヤってられない!今スグ即アポ希望ならテレクラがオススメです。初回登録時!ラッキーコードを入力すると無料お試し通話が利用できます。テレクラならではの即効性をお楽しみ下さい。


トップへ戻る