変態マゾ女を調教-2

誰に調教されたわけでもないのに、ここまでされて喜ぶRは、ほんとどうしようもない変態だと思った。

その後しばらく、口汚くRを罵りながら2穴を責める。

何度か再び絶頂に達し、目は宙の在らぬ方向を見つめるR。

ここで、もう一本縄を用意。

股縄をして挿入物を抜けないように固定する。

一通り責めは楽しんだから、次は奉仕させなくちゃ、ってわけで、Rのギャグボールを外す。

もう口元はヨダレまみれ。

「おら、自分ばっかり良くなってんじゃねーよ」頭を掴み、鼻を摘みイラマチオ。

いきなり喉奥までナニを突っ込む。

「おごっ!」情けない声を出し、顔を歪めるR。

そんなRの反応などお構いなしに両手で頭を掴み前後させる。

まるでオナホな口はヨダレでぐちゅぐちゅ、かなり具合はいい。

喉奥に当たり締まる感じがたまらない。

嗚咽を繰り返し、むせり、咳き込みながらも口を犯され続けるR。

下の穴からはさらに愛液を溢れさせる。

涙を流し、顔を歪めていても身体はとても喜んでいるようだった。

好き放題イラマチオを続ける。

ジュポジュポとRの口はいやらしい音を出す。

コイツ、こんだけされてもナニに吸い付いてきやがる。

その具合の良さに、俺は限界を迎えつつあった。

Rは普通のセックス時は「絶対に口には出されたくない、気持ち悪い」と言っていたが「プレイ時は嫌なことをされられるのが快感」だと言っていたので、遠慮なく口に、喉の奥に発射してやった。

「おい、こぼすなよ、全部飲め」全て出切るまで頭を押さえつけて、放出の快感に耽る。

ここまで好き放題した事などないわけで、今までにない感覚にぶっちゃけこれだけで満足しかけた。

そんなわけにもいかないけどwナニを抜き、Rは出された精液飲もうと必死。

でも自分の意識に反して咳き込み、少し吐き出してしまった。

「ちゃんと飲めよ、便器のくせに」足をRの顔に押し付ける。

「ご、ごめんな、さい・・・」泣きながらRは謝罪をする。

かなりの優越感。

満足しかけたことなど忘れ、俺は再び興奮してきた。

吊るしてあった手の縄をベッドの脚に括り付け、Rを床に寝かせる(足は開脚のまま)。

「使えねぇ口は塞がないとな」下の穴のキュウリを抜き、口に突っ込む。

「そのまま突っ込んどけ、吐いたり噛んだりするなよ。

口は楽しめなかったからな、今度はこっちの穴で楽しませろ」愛液でぐちょぐちょの穴に、すでに硬くなったナニを突っ込む。

「ああっ、あああ、ああー!」さっそくキュウリを吐き出し、喘ぎ出すR。

「また命令に背いたな?」お仕置きは必要だよね、うん。

俺は片手でRの首を軽く絞める。

「んぐぅ!ぐ、あ゛あ゛!」苦しさに顔を歪める。

でもね、やっぱりコイツは変態だった。

絞めるたびに愛液が溢れ出し、穴は締まる。

心なしか、自分で腰を振ろうと動いているようだった。

Rは、思っていた以上の締め付けと濡れ具合だった。

腰を動かすたびに、ぐちゅっぐちゅっと音が響く。

拘束され首を絞められ身動きの出来ないRはされるがままの自分に酔っているかのように興奮し自分の欲求がやっと満たされた喜びからか狂ったように声をあげ身体を痙攣させる。

俺自身も、Rがイッていようがお構いなしに腰を振り続けて、奴隷の身体を貪った。

感じまくりのRがちょっと癇に障ったので、乳首のクリップを再び引っ張る。

乳首引きちぎれそうだったけど大丈夫だったwその痛みで身体が仰け反るR。

取ったクリップをクリトリスの根元に無理矢理挟み込み、手で抑える。

濡れすぎてて、離したらすぐ取れるからね。

その瞬間、叫ぶような喘ぎ声と共にRは身体をよじり失神した。

動かなくなったRを尻目に、邪魔な股縄を外す。

アナルのスプレー缶は放っといても抜けなそうだったのでそのまま。

俺は再び腰を振る。

失神したままのRの顔を何度か引っ叩く。

目が覚めたようだけど、呆然として目も焦点が合ってない。

ただ動くたびに反応して喘ぐので、構わず続ける。

「休むなよ、使えねー奴隷は捨てるぞ?」そう言って激しく突き刺す。

「ごめ、ごめんなさ、あ、捨てないで、っ、あああっ、何でもするからぁぁっ!ご主人様の、好きに、して、壊れるまで使ってくださ、い、あぁ、!」Rはほんと、どうしようもない。

話して間もない、会ってすぐの俺にそんなこと言うんだから。

二回目とはいえ、早漏気味の俺。

それに加えRの身体は気持ちよすぎた。

「そろそろ出すぞ、今度はこっちの穴で全部受け止めろよ、わかったか?」締め付け、ぐちょぐちょに濡れたRの穴。

これが俺の好きにできると思うとたまらなくなった。

「出して、出してくださ、ああ!ご主人、奴隷のマンコに、中出ししてぇぇ!好きなだけ、精子出してくださいぃあああああ!」そう言ったRの首を再び絞め、ガンガン腰を振る。

「あああ!出すぞ、出すぞ!」奥まで突き上げ、俺はRに中出しした。

それと共にRも何度目かの絶頂を迎える。

身体を痙攣させ、白目を向き、Rは動かなくなった。

俺はナニを抜き、床に転がったキュウリで蓋をする。

熟女ジュクラータで最高のおもちゃを手に入れることができた俺はRをそのまま放置してベッドで横になった。

おわり。

話題の即アポが出来るセフレ掲示板

人妻スイートコミュニティ
人妻スイートコミュニティは、既婚女性や熟女など大人の魅力的な女性と無料で出会える掲示板サイト!誰でも安心して利用できる人妻専用の掲示板!いつでもリアルタイムの最新投稿を表示しています。
マダムビレッジ
マダムビレッジは、既婚者サークルや恋愛相談などで会える機能も充実していて、人妻や熟女との出会い情報や地域別に出会いを求める男女を紹介しています。
即アポ掲示板
普段から暇を持て余してる女性や、旦那とのセックスレスで欲求不満な人妻など、出会いたい女性を検索し短時間で探し出す事ができます。

即会い希望ならテレクラ一択
スイートコール
ミセスアイ
マックス
ハニーライン
ハニーライン

セフレ掲示板でチマチマメールなんてヤってられない!今スグ即アポ希望ならテレクラがオススメです。初回登録時!ラッキーコードを入力すると無料お試し通話が利用できます。テレクラならではの即効性をお楽しみ下さい。


トップへ戻る