どこに出しても恥ずかしくない変態に仕上げた女-1

これは社会人1年目か2年目の事。

興味本位で始めてみた家出ガルネルで、K代という女が引っかかった。

最初は割り切りで、具合がよく「次も頼むわ」と言うと、2回目には格安価格でハメる事ができた。

元々イキにくい上に、色んな体位でハメ倒してやったのがよかったのか、3回目には金は要らないという事になった。

このK代、大阪の出身で高校中退、その後工場、スナック、キャバクラ、デリヘルとお決まりのコースを辿ったもののどれも長続きせず、弟のアパートに転がり込んで家庭内ヒモみたいな生活をしている女だった。

しかし、見た目は長身で派手目な顔立ちで、胸はCくらいだった。

そのうち付き合ってほしいと言い出してきた。

まともに付き合う気もなかったが、都合のいい女として暫くキープしていた。

だから、思いっきり俺の趣味に付き合わせていた。

いや、元々誰に仕込まれたのか、既に変態であった。

手始めに会う時にはノーパンで来る事にさせたのだが、もう会う前からドロドロに濡れていた。

会う回数にして6回目くらいだったろうか。

これでは本末転倒と、ホテルに入ってもすぐには何もせず、スポンジは使わず体で俺の体を洗う事を命じた。

どこまで命じれば拒否するんだろうという疑問しか俺にはなかった。

やらせてみると、俺の背中を胸で洗いつつ乳首がすれる感触を楽しみ、股で腕を洗わせればクリを擦る女だった。

だから足の指は洗う前(まあ水に濡れてはいるが)に舌で綺麗にさせてみたが、これも嬉々としてやっていた。

もうそんな変態なので、どこまでも行ってやろうと思った。

「小便は飲めるか?」

「少しなら飲んだ事ある」

「いや、全部飲んで。あ、俺と一緒の時にはそうしろよ」

と言って、口を開けさせ、口の中に放出を開始。

一気に出したのでは零れるから少しずつ出してやった。

最初はごくごくと飲んでいたが、半分くらいからは結構キツそうだったが、これも飲みきった。

シャワーから出て、オナニーさせていると「私もおしっこしたい」と言う。

「なら、そこのコップに出して自分で飲め」

「あなたの飲まされて、私のも飲むの?」

とは言いながらも、コップに手を伸ばしてそこに出し始めた。

最初はコントロールがきかず、床にこぼしていたが、なみなみ出し終えると口元へコップを運んでいった。

こうすんなりいくとどうも面白くないと思いながらも、ご褒美に2発ほどハメてやった。

その次に会った時には、野外を決行した。

郊外の、結構大きな公園。

地方都市のため、夜にはほとんお誰も来ない。

とりあえず小便したかったので、駐車場で飲ませてやった。

その時もきちんと受けきれず、Tシャツにこぼしていた。

そこでローターを仕込んで、ノーブラ・Tシャツで公園の中へ入っていく。

「ローター入れて、小便くさいTシャツ着て、ほんとどこまで変態かだよな」

「あなたのおしっこやろ?でもこういうの凄い興奮する。誰か見てくれないかな?」

「やっぱり見られたい?」

「やった事ないけど、想像したらゾクゾクする感じが堪らへん」

もう頭沸いているとしか思えない。

ベンチがあるところまで来て、ローターを取り出して見ると、太ももの半分くらいまで垂れていて、しかもこれまでで一番酷く濡れていた。

そこでチンコを出して、ローターでオナりながらしゃぶらせていた。

そうすると、ランニング中の50歳前後の男性が通りかかった。

当然驚いた表情だったが、次第にフェラシーンを食い入るように見ていた。

そこで俺はベンチに腰掛け、跨れとK代に言った。

「うう、本当に見られながらするの?」

「お前がしたいって言うたんやろ?」

「やっぱ恥ずかしいわ」

「今さら何を?ゾクゾクしてるんやろ?」

「でもやっぱり・・・」

この時には、その男性は自分で抜いていた。

「ここでやめたら申し訳ないと思わんか?見てもらいながらイかしたるから」

そう言って手を引っ張り、ミニスカを捲り上げて腰を掴んで深々と沈めた。

「あひっぃ!もう入った瞬間から頭がチカチカする・・・」

「何だかんだ、今までで一番気持ちいいって顔してるで?」

「も、もう、あうぁっ」

言葉にならない声を発して、そのままK代は自分で腰を振ってイってしまった。

「何?もうイったんか?お前ばっか気持ちよくなってもアレやからな。あのお父さんの、お前が手伝ったれ」

そうい言うと、急に表情が強張ったのが分かったが、中ではギュッと締め付けてくる。

「そんな知らない人のって・・・あんまりやわ」

「お父さん、こっちへどうぞ」

そう俺が言うと、男性は脇へ近づいてきた。

K代の腕を持って、手の平が彼のチンコに触れるよう誘導してやった。

顔は強張ったままだが、躊躇と諦めと興味が入り混じっている。

「K代、抜いたれ。唾をローション代わりにするんや」

手に唾を吐き、恐る恐る抜き出すK代。

「おっぱいも見せたれ」

と乾きだして小便くさいシャツを捲り、おっぱいも露出してやると、興奮が高まってきたらしく、はぁはぁ言っている。

この間もK代は俺に跨ったまま。

俺が突き上げるリズムと手コキのリズムが合ってきた時、お父さんが「うぅうう、出そうです」と言った。

そこで一旦手を止めさせ

「どこに出します?」

「え、あの、太ももに・・・」

「太ももだって。かけてもらえ。どうぞ」

そこでまた開始させた。

「あ、ああ、もう出ます。出します」

そう言って、K代の太ももに発射した。

話題の即アポが出来るセフレ掲示板

癒し妻新空間
人妻が持つ包容力で癒されてみませんか?当サイトには、男性との出会いを求めている人妻の方が多数参加しています。皆さん、いつもとは違った刺激的な時間を求めておられます。
マダムビレッジ
マダムビレッジは、既婚者サークルや恋愛相談などで会える機能も充実していて、人妻や熟女との出会い情報や地域別に出会いを求める男女を紹介しています。
即アポ小悪魔
女性に人気の即アポ専用コミュニティーサイト!即アポ、割り切り、恋愛、友達、募集などの目的女性が集まっています。

即会い希望ならテレクラ一択
スイートコール
ミセスアイ
マックス
ハニーライン
ハニーライン

セフレ掲示板でチマチマメールなんてヤってられない!今スグ即アポ希望ならテレクラがオススメです。初回登録時!ラッキーコードを入力すると無料お試し通話が利用できます。テレクラならではの即効性をお楽しみ下さい。


トップへ戻る